コラーゲンサプリは効果がないのか

コラーゲン配合のサプリメントを飲み始めたのに、効果が現れないという意見を耳にすることがあります。
コラーゲンサプリは、効果がないのでしょうか。

 

コラーゲンに限らずサプリメントというものは、日頃の食生活で不足している栄養素を補う補助食品であり、治療薬ではないということを再認識することが必要です。
食生活で十分に足りている人もいますし、コラーゲンは本来体内で生成される成分です。
サプリメントは、一定の栄養素が足りていないときや栄養バランスが崩れているときに有効です。

 

コラーゲンという成分は分子のサイズがとても大きいので、細かく低分子化されているサプリメントを選ぶことが効果につながります。
分子が大きいままでは体に吸収されないので、体に入ってアミノ酸レベルに分解され、再びコラーゲンに合成された成分のみが効き目を発揮します。
言いかえれば、アミノ酸に分解されたとしても、コラーゲンとして再合成されるかは分からないということです。

 

サプリメント製品はそういった性質も前提に作られていますから、再合成に役立つフラバンジェノールやビタミンCなどの栄養素も一緒に配合しています。
相乗効果を備えたこれらの栄養素も、サプリメントは一種類を飲むだけで補えますが、食べ物からコラーゲンを摂取する場合は、ビタミンCなどが入っているフルーツなども食べる必要があります。

 

低分子化する技術で吸収率をアップしているので、本来であればサプリメントには効果があると考えられます。

 

 

 

 

コラーゲンで肥満になる?

コラーゲンは肌にいいことが知られるようになったので、コラーゲン鍋が人気メニューになるなど、意識的に摂る人が増えました。
コラーゲンの入った食べ物を積極的に選んでいるという女性の中には、以前より太ったような気がするという意見も聞かれています。
コラーゲンは、肥満になる成分なのでしょうか。

 

コラーゲンそのものには、脂質や糖質が含まれていませんし低カロリーなので、直接の太る原因にはなりません。
サプリメントやドリンクなどではなく、コラーゲンの取り方に問題がある場合はほとんどです。食生活で補おうとしていると、高カロリーの食材が少なくないので、肥満につながる可能性はあります。
手羽先や豚足、牛スジなどです。

 

女性が好んで食べるコラーゲン鍋は、野菜がたくさん食べられて一見ヘルシーな印象を受けますが、お鍋も気をつけなければなりません。
お鍋は体があったまっておいしいので、食が進みますから、結局かなりのカロリー量になっていることがあるのです。
コラーゲンそのものよりも、一緒に食べる食べ物や、コラーゲンが含まれる食材のカロリーに注意しましょう。

 

食生活の中で自然な食材からコラーゲンを摂取したい場合、どんなものが低カロリーなのでしょう。
肉類よりも、魚類を選ぶようにしてみてください。
魚やフカヒレなどです。
低カロリーでありながら、たっぷりとコラーゲンを摂取できる食べ物です。
魚類によって太る心配はありません。

 

市販されているコラーゲン配合のドリンクやゼリーなどは、カロリーが抑えられていますから、ダイエット中でもコラーゲンを補給しやすいでしょう。